ギックリ腰

 1/4(木)から仕事初めだったのですが、その日の診療終わりにスクワットをしてみたんです。知り合いの管理栄養士から”痩せたいなら大腿四頭筋を優先して鍛えて代謝を上げると良い”と金言を頂いたので、それを実行しようと思い立ったのです。まずは軽い重量から行うのが基礎中の基礎なのですが、わざわざプレートを外すのもアレなのでこれくらいなら挙がるかなと92.5kgをフルボトムでスタートしたのが運の尽き、ピキっと腰あたりに電気が走りました。(あっ、これはいかんやつだ…!)
すぐにバーベルをラックに戻してその日はランジスクワットにメニューを変更して無理はしませんでした。きちんとしたジムであれば軽い重量から始められるのですが、院長室でのスクワットだったためバーベルが既に出来上がっており、アップもせずにいきなり高重力からスタートしたのが原因です。全ては私の怠惰が招いた厄災です。
その日はちょっと歩きにくくて横になると腰が痛いなくらいの感覚だったのですが、次の日の朝はベッドから起き上がることが出来ませんでした。金曜日は午前から午後まで診療があります。休むなんていう選択肢はありません。上半身の力をフルに使って何とか身支度を済ませ、持っていたロキソニンとカロナールを一緒に飲んで車に乗り込むところまではギリギリ出来ました。でも靴がなかなか履けません。左足はカカト部分に指が届かない。これ以上は腰が曲がらない、私もついにここまでか、、と諦めかけた時、ウルトラセレブ様に頂いた高級靴べらが目に留まりました。初めて靴べらとして使用させて頂き、なんとか車を動かすことが叶いました。

  1/4-1/7はロキソニンのオーバードーズ状態で歩くこともままならなかったのですが、1/8からは快癒方向に向かっています。これがギックリ腰か。。腰の鍛え方が足りないからこんなことになるんだなと山本小鉄理論が頭の中に過ぎる悪いクセは何歳になっても治ることはありません。

  ふとした瞬間にギックリ腰は発症するみたいなのでみなさんも気をつけてくださいね。今日は成人の日。成人の日だから(?)スクワットとデッドリフトでもしましょうか。もちろん軽い重量から。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. オーメン

    2024.06.6

  2. 検問

    2024.05.30

  3. 2024.05.26

  4. 111111

    2024.05.14

PAGE TOP