銀歯の下のむし歯

 むし歯にも実は色々と種類があるのです。まっさらな歯に出来たむし歯、歯と歯の間に出来たむし歯、歯の根っこに出来たむし歯、銀歯の下に出来たむし歯。どれが1番大変か。

 色々意見はあると思いますが、私の中では銀歯の下に出来たむし歯の処置が1番時間がかかりますし難儀します。神経が無い歯であればそこまで時間はかからないのですが、問題は神経がある歯に入っている銀歯の下に出来たむし歯。元々銀歯を入れる段階で歯がある程度削られているため、むし歯が発生している箇所が比較的神経に近い場合のことが多く、その分麻酔も効きにくいわけです。もっと言うと銀歯を取る作業自体が結構大変だったりもします。苦労して外した銀歯の直下にむし歯があるケースならまだいいのですが、銀歯の底上げをしているセメントのさらに下にむし歯が潜んでいる場合はなかなか厄介です。基本的に歯もセメントもむし歯も同じような白っぽい色をしていますし、むし歯が広範囲に及んでいる場合は前に処置した先生が使用した材料を全て除去する必要がありますし、神経が出てこないよう最大限の配慮が求められますし、歯ぐきの下までむし歯だった場合は止血との戦いも追加されます。ハッキリ言って際限ないです。時間だけがかかって結局は神経が出てくる時もあります。最初から神経を抜く処置に踏み切っておけば方がよかった、、と思う時も多々あります。

 我々の利益だけを考えれば最初から神経を抜いて処置を進める方がいいのでしょうが、やはり良心の呵責に引っかかると言いますか、歯の神経は残せる可能性があればそれに賭けたいですし、そちらの方が患者さんのためになると思っています。お金ではないのです。私は決して恬淡寡欲というわけではないのですが、完全に考え方というか心の問題です。

 何年か前に売り上げ倍増セミナーみたいな名前の研修会を受けたことがあるのですが、その時に言われたのが、まず保険の銀歯をやめること。それだけで売り上げが上がると言うのです。なかなかアバンギャルドな内容の研修会でしたが、それくらい銀歯を扱うむし歯治療は大変なだけで我々も患者さんも得しない処置なのです。なのでむし歯にならないのが1番。もう本当にその一言に尽きます。むし歯が無くなったら先生たちが儲からなくなるじゃないかという声が聞こえてきそうですが、前述の通り元々儲かるような処置ではないですし、銀歯に使用される金属は過去に例を見ないほど高騰しているため(入れれば入れるほど赤字に近くなるので)基本的に問題ないのです。この世からむし歯が無くなることは怖くないのですが、むし歯がある患者さんが治療に来なくなる方が怖いです。残せる歯も残せなくなってしまいますからね。それは本当にもったいない現象なのです。むし歯は数ある疾患の中でおそらく唯一の予防が可能な疾患なので、自分の歯は自分で守っていきましょう!ということをとにかく私は伝えたいのです。

このブログ、ペントハウスの第2話を観ながら書いているのですが、たった今、ペ・ロナの母親が学校長に飛び蹴りをして学校長の歯が数本吹き飛びました。これは(道徳上の問題なので)防げませんね。。いや、マウスピースをしてたら防げたかな笑

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 2024.05.26

  2. 111111

    2024.05.14

  3. 幻の香り

    2024.04.20

PAGE TOP