子どもの頃から矯正を始める意義

矯正治療は5才から始めることが出来ると言われています。

それより若い年齢のお子さんは自分で装置を外してしまい、協力が得られないため自我が芽生え始める5才からが適齢という解釈です(もちろん個人差はありますが)。

幼少期から矯正を始める1番のメリットは将来抜歯をしなくて済む確率がグンと上がることです(大人になってから始める矯正は抜歯を伴うケースが多いです)。

仮に抜歯になってしまっても、顎の成長のお手伝いが出来るため永久歯を並べやすいというメリットもあります。

費用的にも大人になってから矯正を始める場合とそれほど遜色ないため、お子様の歯並びについてお悩みの方はいつでもお気軽にご相談ください。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 受験勉強

    2021.07.4

  2. 鬼滅の刃

    2020.11.5

PAGE TOP